ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】

ベンチャーキャピタルの転職には転職サイトが便利

やりがいのある仕事内容や、高収入を狙える風土など、ベンチャーキャピタルに転職したいと考える人は多いのではないでしょうか。転職サイトを活用すれば、いち早く有利な情報を手に入れられますので、ベンチャーキャピタルへの転職希望者でも利用者は多いです。

一番おすすめのサイトはリクルートエージェントです。 豊富な求人数の中から、あなたにピッタリの求人案件を見つけることができますのでぜひご検討ください。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
ベンチャーキャピタルに特化した求人が多数掲載。高収入の案件が多く見つけられる
幅広い企業情報がベンチャーキャピタルでも多く掲載されているので、キャリアアップにつながる
■未経験の人も働くことができるベンチャーキャピタルの情報がすぐに見つかる
■大手企業や年収アップにつながるベンチャーキャピタルの転職情報が多く、将来につながる
■大量の非公開求人の中から、今まで見つける事が出来なかった高待遇の求人を見つけられる
■面接のノウハウ、履歴書の書き方など、豊富なアドバイスによって内定獲得率を高められる
■大手企業、中小企業など、様々な会社との繋がりがあるので、高待遇の求人の紹介に期待できる
キャリアアドバイザーのアドバイスによって、個人で応募するよりずっと高い可能性で合格できる


マイナビエージェント 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■専門性の高いベンチャーキャピタルについて転職支援コンサルタントが親切に対応してくれる
■他では見つけられない厳選されたベンチャーキャピタルの求職情報を優先的に紹介される
未経験の人でもベンチャーキャピタルの仕事で採用されるチャンスがある
■将来的にベンチャーキャピタルに必要となる転職のためのスキルなどを説明を受けられる
■好印象を持ってもらう事が出来る自己PRの方法など、有利になる情報を幅広く提供してもらえる
クオリティの高い求人情報を確認出来るので、今よりずっと高条件の職場を見つけられる
■正確なコンサルティングを受けられ、満足度が高いサイトなので信頼して任せられる安心感
■経験を積みたい、スキルアップしたい、など様々な条件が整った職場でも難なく紹介してもらえる


DODA 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■幅広いベンチャーキャピタルのお仕事の中から優先的に優良案件を受けることができる
ベンチャーキャピタルでも高収入が狙えるお仕事情報が数多く掲載されている
■将来、スキルアップにつながる優良案件が数多く掲載されている
安定したお仕事を得られる条件が多く、安心して仕事をすることができる
■企業の情報など、細かいデータを提供してもらう事ができるので、より有利に転職を進められる
豊富な非公開求人をチェック出来るので、一般には公開されていない優良求人をチェック可能
スカウトサービスで効率的な転職活動を行なえるので、在職中でも求人をチェック出来る
■優秀なキャリアコンサルタントが転職を1から10までサポートしてくれるので安心


type 完全無料 全国対応
【当サイトがお勧めするポイント】
■ベンチャーキャピタルの転職情報が掲載されているので、リアルタイムで確認できる
■業界未経験、スキルアップを狙ってベンチャーキャピタルに応募する人にも十分にチャンスがある
高収入の案件のベンチャーキャピタルの求人を見つけるチャンスがある
■今まで見つけることが出来なかったベンチャーキャピタルの条件を発見できる
キャリアアドバイザーが転職活動を全面的にサポートしてくれるので安心して転職を行なえる
非公開求人で、優良求人情報をチェック出来るので希望の職場が見つけられる
■匿名でスキルなどの条件を打ち込むだけで、スカウト待ちを出来るので快適に転職活動を行なえる
■希望を打ち込むだけで、条件に合った求人をお知らせしてくれるので仕事をしながらでもOK


ベンチャーキャピタルへの転職は狭き門?

新卒の場合は大手ベンチャーキャピタルの新卒採用に応募して就職するのが一般的と言われていますが、転職の場合は新卒と違って中小・独立系のベンチャーキャピタルの求人募集があります。しかし転職の場合は、求人する側も即戦力やそれに等しい高いポテンシャルを求める傾向が強いので、ベンチャーキャピタルへの転職は狭き門ですし、ハードルは高くなっていると考えられます。ただ、そんな中でもベンチャーキャピタルから評価されやすい職種や業界があって、多少は転職しやすい傾向にあると言えます。

ベンチャーキャピタルで求める経験・スキルには、ビジネス関連とファイナンス関連の2つがあります。ビジネス関連に関しては、経営企画・事業企画・事業推進などの経験・スキルが求められるため、新規事業や子会社起ち上げなどに従事したことや、事業の企画や運営に携わったことなどが評価される傾向にあります。また、前職が戦略系コンサルタントや経営コンサルタントなども採用対象として考えられることが多いです。ファイナンス関連に関しては、ファイナンススキームや会社法への見識が求められるので、証券会社や銀行などの金融機関において法人営業・コーポレートファイナンスの経験が評価されます。

それから大手ベンチャーキャピタルを除くと、少数精鋭の即戦力で基本的に構成されているベンチャーキャピタルが多いです。その為、転職者を採用する場合に若手に限定される傾向もみられて、20代後半〜30代半ばの人材が採用対象になるケースも少なくないです。ただし、知識・経験で即戦力が期待できて、比較的短期間で成長が見込める人材が求められています。ベンチャーキャピタルへの転職は狭き門と言えますが、これらの条件を満たす人材は多少有利になると考えられます。

ベンチャーキャピタルへの応募方法としては、様々な求人媒体を利用して応募する方法や志望企業のホームページから直接応募する方法などあります。ただベンチャーキャピタルへの転職では、人脈や人づてによる方法で実現するケースも比較的多いです。その背景には、あまり積極的な採用活動をしていないと言った特徴がありますし、採用人数が少ないので身近で優秀な人材に対して直接声を掛けるケースも少なくないからです。このことも、ベンチャーキャピタルへの転職は狭き門と言われる要因のひとつになっていると考えられます。このような求人状況にあるので、求人媒体をフルに活用して常にアンテナを張っておくと共に、自分がベンチャーキャピタルへの転職意志を持っていることを伝えることも必要なことです。

TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.