年齢不問のベンチャーキャピタル求人

ベンチャーキャピタル転職トップ >> 条件別 >> 年齢不問のベンチャーキャピタル求人

年齢不問のベンチャーキャピタル求人

年齢不問のベンチャーキャピタルの求人ということですが、明確に年齢制限をしているようなところはないので、すべてのベンチャーキャピタルが年齢不問ということになります。しかし、求人情報に年齢を制限する条件がないからといって、何歳でも採用されるというような世界ではありません。ベンチャーキャピタルは基本的に少数精鋭のプロフェッショナルで構成される企業ですので、ベンチャーキャピタルでの経験や少なくともスタートップのフィールドにおいて経験が必要とされます。未経験者が将来性を買われて採用となると、20代の若い世代に限られるでしょう。30代以降は何らかの特定分野でプロフェッショナルとして地位を築いた人でないと、採用される可能性は低いと言わざるを得ません。以下に、各年代でベンチャーキャピタルに必要とされる資質について触れてみましょう。

20代の場合、未経験でも金融機関やコンサルファームで経験があると若干優遇される傾向はあります。ただ、金融機関の経験といっても内勤営業やテラー業務ではなく、与信審査などを行う部署で経験を積んでいることが条件です。コンサルファームの場合は、アドバンテージとなるのは、会計士、税理士、中小企業診断士としての経験がある人です。

30代に入ると経験次第ということになるでしょう。金融機関の経験者であれば、どんな難局をどんな方法で乗り越えた経験があるか、その経験がどのようにベンチャーキャピタルで生かせるかといったことをアピールする必要があります。ベンチャーキャピタルでは、投資先の経営者のパートナーとしてゴールに進むことが使命となるため、これまでどんな分野で経験を積んできたのであれ、どのようなプロセスで問題を乗り越えてきたのかが重視されます。

40代以降となると、これまでどのような実績を上げていようと、採用してくれるベンチャーキャピタルはかなり少なくなってしまいます。知識や経験は若い人と比べ物にならないほど豊富であっても、かえってそれが発想力や柔軟性の悪さとして、マイナス要因として作用するケースが非常に多いからです。その点を考えると、どうしても20代の若手に比べて不利になります。実際に40代以降でベンチャーキャピタルに転職した人もいますが、その数は極めて少数です。もちろん知識や経験はないよりもある方が良いことは確かなのですが、それがそのまま生かせるかは疑問で、ベンチャーキャピタルによって考え方や取り組み方はまったく異なるので、入社してから勉強して吸収してくれる人材の方が有利になるのです。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.