異業種転職歓迎のベンチャーキャピタル求人

ベンチャーキャピタル転職トップ >> 条件別 >> 異業種転職歓迎のベンチャーキャピタル求人

異業種転職歓迎のベンチャーキャピタル求人

まず、異業種転職歓迎ではないベンチャーキャピタルというものを考えてみましょう。これはつまり、前職でベンチャーキャピタルに勤めた経験がある人のみを採用するベンチャーキャピタルということです。ベンチャーキャピタルという企業の性質を考えると、新卒から直接ベンチャーキャピタルに就職して、ほかのベンチャーキャピタルに転職するという人もいるにはいるのですが、そういう人材ばかり募集するという企業は考えにくいです。ですから、さまざまな業種との交流が必須のベンチャーキャピタルですから、ベンチャーキャピタリストの採用に当たっては、異業種転職歓迎は当然のことと言えるでしょう。

ベンチャーキャピタルに転職する方法としては、以下の方法が考えられます。

まず、大卒以上で新卒採用枠を狙うという方法です。大手のベンチャーキャピタルでは新卒の採用も多少はあるようですが、その数は極めて少数で、しかも名のある大学で経営について学んできた人でないと難しいでしょう。

二つ目が社会経験のある人を対象にした採用枠を狙う方法です。ハイキャリア向けの転職サイトや転職エージェントを通じて転職するという方法がありますが、これもかなり数が限られます。ただ、この方法による転職では、異業種からの転職歓迎とも言えますが、求められるのは金融機関などの経験者で、著しい成果を上げているなどの条件が付くのが一般的です。コンサルファームの経験も生かせますが、公認会計士、税理士資格、中小企業診断士などの資格を有することは基本条件となるでしょう。逆に言えば、それだけの実績があり、生かせる資格も持っているのなら、ベンチャーキャピタルへの転職への道行きも明るいです。

ベンチャーキャピタルへの転職には、ヘッドハンティングという形で転職する人もいます。わりとこの世界では多いようですが、ヘッドハンティングの対象となるのは、おもに以前どこかのベンチャーキャピタルに勤務して、スタートップ企業の上場やバイアウトなどに携わっていたような人です。まったくの異業種からヘッドハンティングされるということはあまりないでしょう。

出向という形でベンチャーキャピタルに転職する人もいます。特に銀行や証券会社などの金融機関系のベンチャーキャピタルでは、親会社が役員を子会社のベンチャーキャピタルに出向させるというケースが多いです。異業種からの転職と言えなくもないですが、転職の方法としては一般的でないので除外して考えた方がよいでしょう。

以上、異業種からのベンチャーキャピタルへの転職にはいくつかの方法がありますが、いずれにせよ非常に狭き門です。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.