海外に携われるベンチャーキャピタル求人

ベンチャーキャピタル転職トップ >> 条件別 >> 海外に携われるベンチャーキャピタル求人

海外に携われるベンチャーキャピタル求人

近年、海外の企業に積極的に投資するベンチャーキャピタルは増えてきています。いまだ日本国内だけの投資に限定しているところもありますが、ベンチャーキャピタルの多くは海外マーケットを視野に入れていますし、外資系のベンチャーキャピタルの求人も増えているので、海外に携わりたいという人には選択肢は多いと言えるでしょう。

海外に携わるとなると、やはり英語、中国語、フランス語などの主要地域の外国語はある程度できることが望ましいです。支障なくビジネスを遂行できるだけの英語力が必須となるベンチャーキャピタルも少なくありません。語学が堪能であればあるほど、採用する側としても高い評価を下しやすいので、すでにある程度の語学力がある方はもちろん、そうでもない方も、海外マーケットに携わることを希望するならば、転職活動を始める前に少なくとも英語だけはある程度のレベルまで修得しておいた方がよいでしょう。アメリカやイギリスなどの英語が母国語の国だけでなく、アジアの各国においても英語はビジネスにおいて共通語ですので、何とか意思疎通ができるというレベルではなく、英語で交渉ができるレベルまで高めておくことは大切です。

中国のマーケットがメインの投資先であるベンチャーキャピタルならば、英語ができなくても中国語が堪能ならば高く評価してもらえるでしょう。とはいえ、英語もできないようでは、ベンチャーキャピタリストとして海外の経営者から厚い信頼を得ることは難しいので、中国語が母国語並みにできる人でも、英語がまったくできないとなると不利になる可能性はあります。逆に、英語が堪能であれば、国内外の投資先を引き合わせるときに通訳としても活躍できるでしょう。

今の時点では英語力に自信がないという人でも、外資系のベンチャーキャピタルに採用されるチャンスはあります。一例として、とあるアメリカのベンチャーキャピタルの求人を見てみると、日本語はネイティブレベルの能力が必要ですが、英語に関しては「日常会話(TOEIC 475-730)」でOKとなっています。アメリカのベンチャーキャピタルでも、おもな投資先が日本企業である場合は、英語力より日本語で高度な交渉ができる人の方が評価されることもあるという良い例です。海外勤務となると、少なくとも日常生活ができる程度に現地の言葉を理解できなければなりませんが、ビジネスでは最優先事項というわけではないというケースもあるので、頑張り次第ではベンチャーキャピタリストとして海外を舞台に活躍することは可能です。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.