営業力を活かせるベンチャーキャピタル求人

ベンチャーキャピタル転職トップ >> 条件別 >> 営業力を活かせるベンチャーキャピタル求人

営業力を活かせるベンチャーキャピタル求人

ベンチャーキャピタルが中途採用者に求めるスキルには次の3ポイントがあります。投資する対象を財務面から分析できる能力、事業の将来性や優位性を精査するビジネス力、そして、高度なコミュニケーションを構築することのできる営業力です。ベンチャーキャピタルが人材を採用する際は、これらの3ポイントを軸に応募者の資質を吟味することになります。

コンサル業界の出身で財務面に明るい人や、公認会計士としてベンチャー企業を支援してきた経験がある人、事業会社の投資や融資を担当してきた人、M&Aのアドバイザリーを経験してきた人などが有力な採用候補となりますが、それに加えてビジネスパートナーのベンチャー企業の経営者と深い信頼関係を築くことのできるコミュニケーション能力は面接の場で必ず確認されます。ですから、「営業力を活かせるベンチャーキャピタル求人」というより、ベンチャーキャピタルのすべての求人が、高い営業力のある人材を求めていると考えた方がよいでしょう。

営業力を武器に自分を売り込みたいという方にとって、ベンチャーキャピタルはふさわしい業界ですが、中途採用で求められるスキルは、大別すると事業関連とファイナンス関連の二つになります。高い営業力に加え、前者なら、これまで事業を成長に導いてきた経験や事業のスタートアップや運営に携わってきた経験など、後者なら、ベンチャーキャピタルとは未上場株式に投資する仕事なので、会社法やファイナンススキームの見識があることが求められるでしょう。つまり、これまで単に一般企業の営業職として、同僚よりも優秀な営業成績を上げてきたというだけの人では、アピールポイントとして弱いということです。事業関連、またはファイナンス関連のいずれかの経験とスキルを、その営業力を生かして上手にアピールすることが必要です。

具体的には、事業関連なら、事業企画や事業推進、経営企画の経験が武器になりますし、それに加えて、ベンチャー系の企業で子会社の立ち上げや新規事業に携わってきたような人材が評価されます。ファイナンス関連なら、銀行や証券会社といった金融機関で法人営業の経験がある人は評価される可能性が高いです。ただ、ファイナンス関連といっても、ベンチャーキャピタルで最重視されるのはファイナンススキルではないので、評価されるとしたなら、まだ若くいろんな方面に伸びしろが感じられる人や、金融機関系のベンチャーキャピタルを志望する場合などに限られるでしょう。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.