ベンチャーキャピタルの採用基準

ベンチャーキャピタル転職トップ >> ベンチャーキャピタル転職の基礎 >> ベンチャーキャピタルの採用基準

ベンチャーキャピタルの採用基準

金融関係の業務は想像以上に多岐に渡り、中にはあまり知られていない仕事も存在します。ベンチャーキャピタルの業務もあまり深く走られていない業種の一種とされており、金融業界についてある程度の知識が無ければそもそもどんな仕事をするところなのかも分からないでしょう。ベンチャーキャピタルでは企業の成長を促すことで投資対象を作り上げ、多くの利益を上げることで経営を続けていますが、相違した投資を成功させることが出来る人材はそれなりの能力が備わって居なければなりません。 ベンチャーキャピタルで働くためにはベンチャーキャピタリストとして必要な能力を出来る限り多く兼ね備えなければなりません。そのため新卒で入社を目指すにしても転職を希望するにしても自身のスキルアップを積極的に行っている人で泣ければ採用されることはほぼ無いので、自分がベンチャーキャピタリストとして働くためには何が必要なのかは前もって知っておくことが何より重要です。何か足りないところがあると感じたところがあればそれらを磨くように早いうちから努力しましょう。 ベンチャーキャピタリストとして働く上で学歴とそれに見合うだけの知識の二つは最低限必要なものです。少なくとも大学では経済学や経営学、商学について学ぶことで評価はずいぶんと高まりますし、最近ではIT系やバイオテクノロジー関係の投資を行うことも多いので、そういった話が出来るような理系学部系についての知識を持つ人も高く評価されています。それに加えて外資系企業とも話が出来るくらいの語学力も必要になる場合も有るので、そういった能力に自身がある方もキャピタリストとして活躍できます。 学力や語学力といったスキルは非常に大切ですが、それ以上にベンチャーキャピタリストとして求められる能力の中でも何事にも物怖じしないパーソナリティーやメンタルが必要です。自ら企業を見定めて投資を行うベンチャーキャピタリストは投資先である企業の責任者と何回も話をしなければなりませんが、そんな時に萎縮してしまっては投資の受け入れなどさせてもらえないので、経営者と面と向かって対等にビジネスについて話すことが出来るような度胸を持たないことには始まりません。いくら能力があってもこの点が不足しているとベンチャーキャピタリストとしてはいつまで経っても活躍することは出来ないので、何よりメンタルには自信があるという方は知識が備わっている人よりもはるかに成長の余地があるといえます。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.