ベンチャーキャピタルの年収

ベンチャーキャピタル転職トップ >> ベンチャーキャピタル転職の基礎 >> ベンチャーキャピタルの年収

ベンチャーキャピタルの年収

企業の成長というものは企業そのものの力によって成し遂げられるものですが、それが世間に伝わるまでには非常に長い時間と多くの労力が必要です。そんな企業成長を大きく促進させる働きを持つのがベンチャーキャピタルで、優良企業や成長企業に対して資金を提供する形で投資を行う事によって企業の急速な成長を促し、独力ではもっと掛かるはずだった上場を短期間で成功させます。それによって企業は多くの投資家などから注目を集めるようになり、ベンチャーキャピタルは投資によって得られる恩恵を最大限利用することが出来るようになり、双方にとって大きなプラスが生まれるというわけです。そんなベンチャーキャピタルでキャピタリストとして働けたら一体どの位の年収を得ることが出来るのでしょうか。

ベンチャーキャピタルは非常に多くの能力が求められる仕事で、その恩恵も非常に大きなものとなっています。年収にしても非常に多くの額を得ることが出来る可能性を秘めており、中には1億円以上もの年収を得ることが出来てるエリートベンチャーキャピタリストもいらっしゃいます。ですが月々の給料は大学卒なら20万円代がほとんどで、一般的なサラリーマンとそれほど大差がありません。転職したとしてもそれほど多くの給料が望めるわけではないのですが、それなのにどうして多くの年収を得ているベンチャーキャピタリストがいるのでしょうか。

ベンチャーキャピタリストの年収は賞与によって大きく左右されています。もし投資に成功した場合その利益は非常に大きな物になるため。いくつもの投資に成功することが出来れば賞与の額もとてつもない額になり、数百万のボーナスが支給されることもあり、独立系のベンチャーキャピタルでは1000万円のボーナスを得ることが出来ることもあります。とはいってもそこまで高額利益を出すことが出来るような事例は多くは無いので賞与は仕事の出来具合で年俸制にしてある程度固定するなど安定して利益を出すことが出来るようにすることが多いようです。

ベンチャーキャピタルの平均年収は大体700万円から1000万円が相場といわれており、金融機関で業務する方の中にはもっと多くの年収を得ることが出来る方も少なくありません。ですが一般的なサラリーマンよりははるかに稼ぐことが出来る方がほとんどなので、ベンチャーキャピタルの中で働き続けることが出来るような能力を持っているという方は就職先の一つとして候補に入れてみてはいかがでしょうか。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.