ベンチャーキャピタルの募集時期

ベンチャーキャピタル転職トップ >> ベンチャーキャピタル転職の基礎 >> ベンチャーキャピタルの募集時期

ベンチャーキャピタルの募集時期

ベンチャーキャピタルとは、将来性のある企業を誰よりも先に見出し、そこに資金を投資して株式を取得することで、その企業が価値を高めた時にリターンを得る投資会社のことです。ですから、ベンチャーキャピタリストが務まるのは、ビジネスの立ち上げ方や企業経営について精通し、膨大な知識、豊富な経験、幅広い人脈をフルに生かして、投資先の企業が価値を高められるようサポートできる人だけです。ですから、新年度を前に求人が増えるような一般の職種とは性格が異なります。こういう仕事内容ですから新卒採用もほとんどありません。そもそも社会経験のない人がパフォーマンスを発揮できるような仕事ではないからです。

よって、ベンチャーキャピタルに決まった募集時期というのはないと言えるのですが、ジャフコのように少数のベンチャーキャピタルでは、定期的に新卒採用をしています。ただ、新卒では、先輩の指導を受けながら、徐々に高成長が見込める企業の探し方を学んでいくといういわば修行段階ですので、転職希望者とは入り口が異なります。ベンチャーキャピタルに中途で採用される人というのは、たいてい外資系投資銀行や外資系コンサル、ほかのベンチャーキャピタルなどから転職してくる人たちです。もともとそういう企業でキャリアを積んできた人でなければ、ベンチャーキャピタルに転職することは難しいと考えてください。

転職サイトなどを見回してもベンチャーキャピタルの求人は多くありません。実際、ほとんどのベンチャーキャピタルは少数精鋭であり、求人を出す機会がそもそもあまりないのです。ですから、ベンチャーキャピタルに転職する場合、新卒で事業会社や金融機関に入り、そこからグループ内のベンチャーキャピタルに異動するという方法が現実的です。とはいえそれも不確定要素が多すぎるので、絶対的なキャリアパスとは到底言えません。よそから転職してくるような人の場合、元いた事業会社で会社を大きく成長させたとか、金融機関に勤めながら公認会計士としてベンチャー支援をしてきたなどの経験を少なくとも備えています。もちろん、そんな経験があれば誰でも採用されるわけでもなく、世界的な評価の高い有名企業でキャリアを積んできたのでもない限り、ベンチャーキャピタルに転職できる可能性は驚くほど低いです。

とはいえ、実際は個々のベンチャーキャピタルによってケースバイケースですから、最初からあきらめてしまう必要もありません。数は少ないですがハイキャリア向けの転職サイトなどに求人が出ていることもまれにあります。自分のスキルと経験に自信のある方なら、時期を問わず応募してみるとよいでしょう。

人気のベンチャーキャピタル採用情報はココで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 完全無料 全国対応


TOP

ベンチャーキャピタル転職の基礎

条件別ベンチャーキャピタル求人

人気のベンチャーキャピタル採用


Copyright (C) 2014-2017 ベンチャーキャピタル転職ガイド【※高待遇の求人はココ】 All Rights Reserved.